早期リタイアの隠れ家

副業なし。月5万円で生活する男が節約と長期投資を組み合わせで5年後に早期リタイアを目指す

MENU

このブログについて

 

このブログについて

現在独身30代半ば、年収約350万円のサービス業平社員の凡人が副業なし、節約と長期投資で40歳資産4000万リタイアを目指し、リタイア達成後どう生きていくかを記録していく。

低い年収と特別な稼ぐスキルを持たない凡人がどうすれば社畜から抜け出し、経済的な自由を達成していったのかの記録。そう記録だ。間違いなく少数派の変人の日記、備忘録である。

誰かに何かを教えるとか、偉そうに講釈を垂れるつもりはないが、同じ価値観の方たちの何かの参考もしくは暇つぶしにでもなれば幸いである。

このブログの前提

私のスペック

・独身30代半ばのサービス業正社員で平社員。

・過去に2回転職経験あり、過去職で鬱経験。

・息を吸うように節約し投資に回す変態。現在純資産2500万、年間配当60万。

・動画視聴、ゲーム、釣りをしていると休日が終わる怠け者。

・月平均5万円(家賃込)で生活する合理化の化身。

・投資は最終的にインデックスと高配当株投資に落ち着いた。

・節約すると…なんていうか…その…下品なんですが…フフ…

 
 

なぜリタイアしたい?リタイアした後は?

やりたいこともそれなりにあるけども、しいて言えば「会社仕事というどうでもいいことにこれ以上自分の時間を使いたくない」といったところ。

ここ数年で自分の生活レベルが極端に低いことに気付き、自分が「もうほぼ働く必要のない人間だ」と自覚したため。

よく「目的なしに早期リタイアすると病むぞ、飽きるぞ」と言われるが、すでに「週5日8時間以上働く生活に病んで飽きている」ので問題ない。60歳までにはやることやって「いつ死んでもいい状況」を作っておきたい。

なぜ404000万?

専用の記事で詳しく書いてはいきたいが、一言で回答するなら「60歳で1億持っていても仕方ない」からである。体力気力判断力が衰えた状態でお金があってもそれを活かすことはできない。

同じ金額でも20歳と60歳が持つのでは1億から引き出せる価値が違うのだ。加えて60歳まで生きている保証もない。そのバランスを考えた結果、404000万の結論に至った。

4000万じゃあ無理だろw」という意見が聞こえてきそうだが、返答は「すまんな、俺はできる」だ。正直、今でもリタイアしようと思えばできるが切羽詰まった状況でもないため、保険を効かせて404000万としている。

 

再現性があるかは怪しい

上記の通り、私の本業は年収350万のサービス業だ。手取り額で言うと約250万くらい。その中で私は毎年約200万を貯蓄、投資している(副業、投資の利益なし)。加えてこの貯蓄率は私にとっては呼吸をするくらいに自然なことであり、特に無理しているとか虚勢を張っているとかではない。これに関して誰でもできるとは思っていない。生まれ持っての気質や環境、価値観の違いはあるだろう。

だが、「収入を増やす」より「支出を減らす」方が再現性があるのは間違いない。記事を書く以上、読んでくれる人に何かしら得るものがあれば良いとは思うが、まあ暇つぶしにでもなれれば幸いである。

副業に依存しない

ここ数年で私が感じたのは、私には「支出を減らす」「節約する」才能と適性がある。逆に「収入を増やす」「お金を稼ぐ」才能はまるでない。

副業も過去に色々手を出してきたがすべて挫折している。

どうも私はお金を稼ぐという行為に真剣になれないらしい。だから私の早期リタイアには副業を組み込まない。

私が今後やるブログやyoutubeなどは収益が発生する前提では行わない(無論、収益が発生すれば嬉しいし、ありがたいのは間違いないが)。

このブログもリタイア後の暇つぶしのため、日記や備忘録のような感覚でつけていく。

 

以上。興味がある人はこれから投稿されていく記事に目を通してくれれば嬉しい。